キンプリ平野紫耀が母子家庭!お母さんの年齢や仕事は何?

キンプリ

2022年10月期にドラマ『クロサギ』で主演を務めることが決定し、今年に入って4本のCM契約が決まるなど、ますます活躍の勢いが増しているKing & Princeの平野紫耀さん。

小さい頃から培った圧倒的なダンススキルや、メンバー想いの優しい性格でグループを引っ張っていますよね。

メンバーだけでなく、家族への想いも、TVや雑誌のインタビューなどでたびたび話しています。

今回はそんな平野紫耀さんの生い立ちや家族、母親の再婚について調べてみました。

この記事でわかること
  • 平野紫耀さんの生い立ち
  • 平野紫耀さんの母親の名前や年齢
  • 平野紫耀さんの母親の再婚説と妹について
  • 平野紫耀さんの父親
  • 平野家の壮絶な過去

平野紫耀は弟と3人の母子家庭!生い立ちが壮絶

平野紫耀さんは、幼い頃に父親と母親が離婚したため、母親と2歳下の弟・莉玖さんの3人の母子家庭で育ちます。

当時はJR名古屋駅から電車で40分ほどのところにある、築30年を超える木造アパートで暮らしていました。

両親が離婚したのは、平野紫耀さんが3歳の時で、弟さんはまだ生まれて間もなかったそうです。

生活は決して裕福なものではなかったそうですが、子どもにはみじめな思いはさせたくないと、周りの子がキャラクターの服を着ている2歳くらいの頃から、平野紫耀さんはヒョウ柄のつなぎや、シャツにデニム、ブーツを履くなどおしゃれにしていました。

そんな母親を支えたいと平野紫耀さんもご飯を作ったり、家事をしていたそうです。

川崎病を発症

平野紫耀さんは幼少期から大病を患ったり、ケガや骨折など、あまり身体は丈夫でなかったそうです。

中でも、小さい頃に「川崎病」を発症し、大手術を受けています。

<川崎病とは>

  • 乳幼児に多く見られる血管の炎症で、心筋梗塞の要因にもなるが、原因はわかっていません。
  • 術後は激しい運動を禁止されています。

そのため、平野紫耀さん自身も「リレーを走ったことがない」「跳び箱を跳んだことがない」などと発言しています。

しかし、平野紫耀さんの身体能力や運動センスには光るものがあり、50m走を5秒台で走ったこともあるなど、グループ1の運動神経を誇っています。

のちに、関西のローカル番組『まいど!ジャーニィ~』で、看病してくれた母親へ感謝の想いを伝えていました。

膝の半月板損傷

平野紫耀さんは小学2年生の時にダンスを始めました。

入った頃は激しい運動が禁止されていたため、軽めに踊っていましたが、医師から運動の許可が下り本格的に練習を始めると、才能は一気に開花します。

また、地元のスーパーや学習塾のチラシなどを中心にモデル活動もしていました。

この頃から平野紫耀さんは、「芸能界で活躍して家計を助けたい」と話していたようです。

しかし小学4年生の時に1日7時間ものダンスの猛練習で、膝の半月板を損傷し手術を受けています。

母親が手術の費用について話しているのを聞いて、陰で「また迷惑をかけてしまった」「もう手術しなくてもいい」と泣いてしまったことがあったそうです。

今でも痛みをこらえてコンサートなどでパフォーマンスすることもあるようですが、ファンの前ではそういう姿を一切見せないですよね。

7回以上の骨折

初めての骨折は2歳の時だったそうで、以来7回以上の骨折を繰り返していたと複数のTV番組で話しています。

学校の階段をダイビングしたり、岩から川にダイビングしたり、ネットをよじ登って窓から登校したり、教室の窓から真下に止まっているトラックに飛び移ったりと、かなりのやんちゃぶりだったそうです。

小銭を飲んでいた

幼少の頃は、一円玉や五円玉を食べてしまっていたそうで、病院でとってもらったと話しています。

病気やケガに加えて、かなりのやんちゃぶりにはお母さんも焦ったでしょうね。

母の名前は「里奈」?

平野紫耀さんは、バラエティ番組などで母親の話をすることがたびたびありましたが、名前までは明かされていませんでした。

しかし、平野紫耀さんがまだ小学生の頃に、平野家にお世話になったと思われる方のブログが見つかり、その際母親の名前が「里奈」さんであることがわかりました。

ブログには感謝の想いが綴られていて、平野紫耀さん(右)と弟の莉玖さん(左)の写真も添えられていました。

「紫耀」「莉玖」に加えて、平野紫耀さんが通っていた「大森小学校」というワードから、平野紫耀さんであることは間違いないようで、そこに出てくる「里奈ちゃん宅」という文から、母親の名前が「里奈」さんであることが判明しました。

平野紫耀|母の年齢は?

2018年11月3日に放送された『メレンゲの気持ち』で、平野紫耀さんが「お母さんは40歳」と答えています。

当時平野紫耀さんは21歳なので、母親が19歳の時に出産されていると思われます。

2022年9月現在、平野紫耀さんが25歳なので、44歳ということになりますね。

「ママ」と呼ばないと怒る

平野紫耀さんの母親は、自分のことを「ママ」と呼ばないと怒るのだそうです。

子どもにママ呼びされることに憧れがあったそうで、呼ばないと掃除機でフルスイングされたことも明かしていました。

母親はかなりの美人

写真などは公開されていませんが、2021年8月19日に放送された『モニタリング』で平野紫耀さんが女装した自分を見て「母親そっくり」と言っていて、かなりの美人さんだと話題になりました。

平野紫耀のお母さんの仕事は?

平野紫耀さんが以前放送された『RIDE ON TIME』で、母親がいくつか仕事を掛け持ちしていて「病気で体を壊した」と言っていました。

ダンススクールに通わせてたりするのもかなり物入りですよね。

何の仕事をしていたのかは明らかになっていませんが、家族の大黒柱として、いろいろな仕事を掛け持ちして頑張られていました。

そんな母親を見ていたからこそ、平野紫耀さんも母親を大切にして、恩返ししたいといつも思っているのでしょうね。

お母さんに再婚説浮上?妹ができた?

平野紫耀さんの母親は2017年に再婚されたようです。

King & Princeのメンバー髙橋海人さんも、雑誌のインタビューで『ジャニーズ Happy New Year IsLAND』の舞台を平野紫耀さんの父親と母親が観に来てくれ、「がんばれって言ってくれた」と話しています。

また平野紫耀さん自身も父親の話をしています。

2017年10月には平野紫耀さんの地元・名古屋駅付近でKing & Princeのメンバーの永瀬廉さんや、なにわ男子の大西流星さん、西畑大吾さんなど、平野紫耀さんと仲の良いジャニーズメンバーがスーツや学生服で目撃されていました。

この時に、平野紫耀さんの母親と新しい父親の結婚式が行われたと言われていて、永瀬廉さんがその後、最近結婚式で泣いたことを明かしたことで、やはり結婚式だったと話題になりました。

相手の男性は一般の方で、「小林さん」という噂もありますが明らかにはなっていません。

妹が生まれていた

平野紫耀さんの弟・莉玖さんは、『RKS RICKY』というアパレルブランドを立ち上げています。

そんな莉玖さんの2020年12月25日のツイートがファンの間で大きな話題になりました。

ツイートには「Together with my young sister」という文が添えられていて、妹さんと写真に写ったと思われます。

2020年11月に妹さんと思われる赤ちゃんが『RKS RICKY』のモデルを務めていて、「モデル年齢11カ月」となっていることから、2020年1月頃に生まれたと推測されています。

 

View this post on Instagram

 

RKS RICKY(@rksricky5)がシェアした投稿

ということは、平野紫耀さんにとっては23歳下の妹ということになりますね。

モデルも務めている!?

たびたび『RKS RICKY』のSNSで小さな女の子がモデルを務めていて、顔出しこそしていませんが平野紫耀さんの妹だと思われています。

 

View this post on Instagram

 

RKS RICKY(@rksricky5)がシェアした投稿

また、平野莉玖さんのTikTokでは、妹さんとお散歩したり、バーベキューを楽しむ様子が公開されていて、とてもかわいがっているのが伺えます。

https://www.tiktok.com/@riku_rksricky/video/7132072184264068353
平野莉玖 on TikTok
みんなはどんな連休を過ごしましたか?😆 #RKS#RKSRICKY#リクスリッキー#RIKU#平野莉玖#BBQ#ハンバーガー#海#連休#お盆休み

平野紫耀さんも子どもが好きと話しているので、妹さんに会ったらこんな感じなのでしょうね。

平野紫耀のパパはどこにいる?

平野紫耀さんの両親は、平野紫耀さんが3歳ごろに離婚したため「父の存在を憶えていない」「まったく記憶にない」と明かしています。

写真は公開されていませんが、週刊誌の記事によると、実の父親もかなりのイケメンだったそうです。

平野紫耀さんは家族を持つことへのあこがれもあるようで、「令和の間にパパになりたい」と雑誌のインタビューで答えています。

子どもは3人欲しいそうですが、いいパパになってくれそうですよね。

平野紫耀母子家庭の壮絶な過去

平野紫耀さんは病気やケガだけでなく、いろいろ苦労したエピソードが残っています。

やんちゃな子ども時代

高いところから飛び降りたり、電柱をパンチして骨折したりと、とにかく規格外のやんちゃぶりだった平野紫耀さん。

硬貨を飲み込んだりとお母さんもヒヤヒヤすることが多かったかもしれません。

そんな平野紫耀さんも中学校へ入学。

2年生の時は、給食の牛乳瓶を返そうとトラックの屋根に乗って隣の市まで行ってしまったり、3年生では銀髪にしたくて7回もブリーチを繰り返したりと、周りもびっくりするエピソードが残っています。

そしてKing & Princeのメンバーも驚く卒業写真がこちらです。

本人は紫色が好きだったから着たと言っていましたが、これには他のグループのメンバーもツッコミを入れたそうです。

クリスマスプレゼントはうまい棒

平野紫耀さんがサンタさんに「アクセサリーが欲しいです」とお願いしたら、図書カードが靴下に入っていたそうです。

翌年もリベンジで「アクセサリーが欲しい」とお願いしたところ、今度はうまい棒になっていて、お母さんなりに考えてのプレゼントだったのでしょうね。

「希望したものではなかったけどうれしかった」とも話していて、平野家のほっこりするエピソードですよね。

母に変わって家事をしていた

仕事で忙しい母親に変わって平野紫耀さんが家事をしていたそうです。

洗濯や掃除だけでなく、料理も作っていて、得意の回鍋肉はおばあちゃんに教わって、市販のたれを使わず自分で味付けをするそうです。

メンバーの髙橋海人さんも食べたことがあり、美味しかったと話していました。

「お兄ちゃんとしてしっかりしないといけない」と想いから、「甘えることはダサい」と思っていた平野紫耀さん。

忙しい母親の手伝いをしたり、弟の面倒をみたり、小さい頃から優しい子どもだったのでしょうね。

母親の病気

2016年12月の舞台『ジャニーズ・オールスターズ・アイランド』の劇中に、平野紫耀さんが「俺が東京に出るときに母の頭に悪性の腫瘍が見つかった」と告白するシーンがありました。

その翌日、平野紫耀さんがセリフでいっていたことは事実で、ジャニーさんが直前で書き替えたことがわかります。

母親の悪性の脳腫瘍が発覚したのが2015年、平野紫耀さんが18歳の時でした。

小さい頃から母親を大切にしていた平野紫耀さんなので、お母さんのそばにいてあげられない葛藤もあったでしょうが、それ以上に家族のために働いて、母親を楽にさせてあげたいという気持ちが強かったのかもしれません。

その後闘病生活を経て回復し、現在は再婚、出産もされているので、平野紫耀さんも一安心だったでしょうね。

母親の教え

平野紫耀さんは男女問わず優しいですが、母親から「勉強はできなくても礼儀正しく女の子を守れる人になれ」としつけられたそうです。

こういった教えがあったからこそ、仲間想いの男気のある性格に育ったのでしょうね。

まとめ

今回はKing & Prince平野紫耀さんの生い立ち、母親の再婚や生まれた妹、平野家のエピソードなどをまとめてみました。

母子家庭で大変な思いをすることもあったかもしれませんが、小さい時から家事をしたり、家族を支えたいとジャニーズの活動を頑張ったりと、華やかな外見から想像もつかない努力をされていました。

今は、新しい家族も増え、お母さんの病気も回復し、平野紫耀さんも安心されていることでしょうね。

これからも優しくて明るい平野紫耀さんを応援していきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました